難しい課題

元少女無罪を主張 精神障害を理由に

名古屋で殺人事件を起こした少女の初公判が行われた。弁護側は少女には精神障害があり、責任能力がなかったと主張している。被害者の方の年齢と私の母親の年齢は近い。想像するだけで胸が痛くなる。

私は犯罪を犯した人を更生させるのがどういった仕組みがベストなのか、よく考える。被害者が正常であるか異常であるかの判断はどのようになされるのだろうか。また異常だった場合どのようにして正常化への取り組みは行われるのだろうか。

こういう事件が起こる度に、

〕澣

∧別

9堝

の三つのレイヤーを想像し、どの段階の話をしているのかを考える。例えば弁護側は記事を見る限り、はあったが、△なかったと主張しているのだと思う。では、更生を行うというのはどういうことなのだろうか。を制限できるようにするのか、△縫▲廛蹇璽舛垢襪里、または,ら変えようとするのか。

教育は,縫▲廛蹇璽舛任るのか。彼女のような特殊な場合でない時は、,剖軌蕕魯▲廛蹇璽舛靴討いい里。また,篭軌蕕砲茲辰栃僂┐Δ襪里。もし変えることができないのであれば、,箸いν澣瓩鯤えていて、△鉢を強化することによって犯罪を起こさないようにするということが正常化のアプローチなのか。

話せばわかるという世界観は、相手は必ず同じように感じ、同じように考えるはずだということが前提にあると思う。そうではない人がいたら、仮に宇宙人がいたら私たちは本当にコミュニュケーションできるのだろうか。

昔読んだ、臨床の詩学という本が浮かんだ。

 

 

小森 清敬

 

 

 

  • 2017.07.18 Tuesday
  • -
  • 15:12
  • -
  • -

関連する記事
コメント
コメントする








   

精華学園高等学校 清水校

清水校ブログ

精華清水RC(陸上クラブ)

21世紀型『寺子屋』小森塾

フリースクール

selected entries

categories

archives

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

links

profile

書いた記事数:18 最後に更新した日:2018/08/27

search this site.

others

mobile

qrcode